ファンデーションが汚くなる3つの理由と綺麗に仕上げるコツ

「ファンデーションを塗っているのに肌が汚く見える…。」

あなたもこのように悩んだ経験ありませんか?

ファンデーションは、正しい使い方をしないとムラができ、かえってお肌の粗が目立ちやすくなります。

Yukiのアイコン画像Yuki

そこで今回は、ファンデーションが汚くなる原因と合わせて、上手に使うコツも紹介していくのでぜひ参考にしてみてくださいね。

Contents

ファンデーションが汚くなる3つの理由

早速ですが、ファンデーションが汚くなる3つの理由を紹介していきます。

  1. 保湿が不十分もしくは保湿のしすぎ
  2. 下地とファンデーションの相性が悪い
  3. 厚塗りや薄付きでムラが出来ている

ファンデーションの仕上がりに悩んでいる方は、当てはまるかどうかチェックしてみてみてくださいね。

汚くなる理由①保湿が不十分または過剰

ファンデーションが汚く見えるのは、保湿が不十分もしくは過剰すぎる可能性があります。

保湿が不十分であれば、お肌とファンデーションの密着度が低く上手く馴染まない一方で、保湿をしすぎてもドロドロとファンデーションがダレやすくなるので注意しましょう。

ただし、保湿が不十分な状態のお肌にファンデーションを塗っても、毛穴の凹凸や乾燥による皮向けが目立ってしまうので、適度な保湿は欠かせません。

Yukiのアイコン画像Yuki

保湿をしすぎている方は、スキンケアの後に優しくティッシュオフして表面の水分や油分をある程度吸い取ってからメイクするのがおすすめ!

メイクをきれいに仕上げるための大事な一手間なので、ぜひ実践してみてください。

汚くなる理由②下地とファンデーションの相性が悪い

下地とファンデーションの相性が悪いと、ベースメイクがムラ状に崩れやすくなります。

なぜなら、水と油が混ざらない性質を持っているのと同様で、相性が悪いアイテム同士を使用すると、下地がファンデーションをはじいてお肌への密着度が下がるからです。

ファンデーションと下地の相性がいいのはこちら。

  • 水性下地×水性ファンデ
  • 油性下地×油性ファンデ
  • シリコン下地×シリコンファンデ

上記のように、同じ性質をもった下地とファンデーションを使うことが大切です。

汚くなる理由③厚塗りや薄付きでムラが出来ている

ファンデーションを厚塗りしたり薄付きすぎたりすると、綺麗に仕上がりません。

多くの方がファンデーションで粗を隠したいあまり、塗りすぎていることがありますが、ポイントを抑えていればそんなにたくさんの量は必要ありません。

なお、ファンデーションを塗るときのポイントは顔の真ん中から塗ること

顔の真ん中は、小鼻の赤みや色ムラなど隠したい部分が多いので、中心部から外側へ広げていくようにしましょう。

基本的には気になる部分をファンデーションで隠した後、頬や顎などと馴染ませればナチュラルかつ綺麗な仕上がりを実現できるでしょう。

Yukiのアイコン画像Yuki

ただし、一部分のみが薄付きになっていると、全体のお顔のトーンが不均一になるので、全体をみてムラにならないように意識してください!

ファンデーションが汚くなるのを防ぐコツ3つ

Yukiのアイコン画像Yuki

あなたは、ファンデーションが汚くなってしまう理由にいくつ当てはまっていましたか?

ここからは、ファンデーションを上手に使うコツをご紹介していくのでぜひ実践してみてくださいね。

ファンデーションのコツ

  1. ファンデーションが崩れにくい手順を守ろう
  2. 化粧下地とファンデーションのブランドを揃えてみよう
  3. 肌質に合ったファンデーションを選ぼう

ファンデーションのコツ①ファンデーションが崩れにくい手順を守る

ベースメイクをするときは、ファンデーションが崩れにくい手順を守って使用しましょう。

ベースメイクの基本的な使用手順

  1. 日焼け止め
  2. 化粧下地
  3. コントロールカラー
  4. コンシーラー
  5. ファンデーション
  6. パウダー

ただし、コンシーラはファンデーションのタイプによって順番が前後します。パウダーファンデーションの場合は、コンシーラーが「先」、リキッドやクリームタイプのファンデーションの場合は、コンシーラーが「後」になるので注意しましょう。

なお、ベースメイクの一工程ごとに1分程時間を置いたり、清潔な手のひらで優しくお肌を抑えたりすると、より一つ一つのメイクが馴染みやすくなります。

ファンデーションのコツ②化粧下地とファンデのブランドを揃える

化粧下地とファンデーションのブランドは揃えた方がベターです。

なぜなら、どのブランドも下地とファンデーションを揃えて使ったときに美しい仕上がりになるように作られているからです。そのため、同じブランドのアイテムで揃えた方が綺麗な仕上がりを実現しやすいでしょう。

下地とファンデの相性が悪いと、少しの汗や皮脂であっという間にメイクが崩れることにもなりかねないので、しっかり対策をしておきたいですね。

Yukiのアイコン画像Yuki

「ファンデーションが上手く乗らない。」「化粧をしているのに肌が汚くなる。」と悩んでいる方は、一度ベースメイクを同じブランドで揃えてみても良いでしょう。

ファンデーションのコツ③肌質に合ったファンデーションを選ぼう

ファンデーションと言っても、パウダー、ムース、リキッドなど様々な種類がありますが、自分の肌質に合ったものを使うのが大切です。

それぞれの肌質に合ったファンデーションタイプはこちら。

乾燥肌の方

  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ

脂性肌・混合肌の方

  • パウダータイプ
  • リキッドタイプ(オイルフリー、ウォーターベース)

上記のように、乾燥肌の方は、水分量が多くお肌の潤いを閉じ込めてくれるリキッドやクリームファンデーション。

脂性肌の方は、余分な皮脂を吸収してくれたり、皮脂バランスをコントロールしてくれたりするパウダーやリキッドファンデーションがおすすめです。

なお、ウォーターベースの製品は、肌の水分量を増やして皮脂バランスをコントロールする働きがあるため、脂性肌の方は選ぶときの基準にしても良いでしょう。

自分が乾燥肌か脂性肌か知っておけば、ファンデーション選びだけでなく他のメイクアイテム選びにも応用できるようになります!

Yukiのアイコン画像Yuki

例えばハイライトを選ぶときに、乾燥肌ならリキッドタイプ、脂性肌ならパウダータイプなどですね♪

まとめ:ファンデーションが汚くなるときはまず保湿の頻度に注意して

ファンデーションが汚く見える理由は様々ですが、主に保湿のしすぎが要因であることが多いです。

とは言え、朝の保湿はメイクを1日綺麗に保つために必須なので、怠らないようにしましょう。

まずは、メイク前にお肌の油分・水分をある程度抑え、スキンケアがお肌に馴染んでからベースメイクを始めるように意識してみてください。

Yukiのアイコン画像Yuki

ぜひこの記事を参考にして、ファンデーションを上手に使いこなしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

20代美容ライター。元ジュエリー販売員。20代〜40代と幅広い年齢層への素敵な着けこなし提案が得意。コスメ ・美容が大好きでプチプラからデパコスまで愛用中です♡

Contents
閉じる