ミネラルコスメのデメリット|カバーする2つのポイントも紹介

ミネラルコスメはその名の通り、ミネラル(天然鉱物)を主成分とした化粧品です。

最近ではミネラルコスメの種類や扱う店舗も増えているので、気になっていた方も多いのではないでしょうか?

なんとなく肌に良さそうなイメージがあるミネラルコスメですが、「実際のところ、普通の化粧品と比べてデメリットはあるの…?」と疑問に思いますよね。

Yukiのアイコン画像Yuki

そこで今回は、ミネラルコスメのデメリットとオススメの使い方をご紹介していきます!

Contents

ミネラルコスメのデメリット3つ

早速ですが、ミネラルコスメのデメリット3つをご紹介していきます。

  1. コスメの選択肢の幅が狭まる
  2. カバー力が物足りない場合がある
  3. 脂性肌の方はメイクが崩れやすい

デメリット①コスメの選択肢の幅が狭まる

ミネラルコスメで揃えようとすると、選択肢の幅が狭くなるデメリットがあります。

なぜなら、ミネラルコスメのメリットである石鹸で落とすことを基準にすると、限られたアイテムの中からしか選べないからです。

一般的な化粧品は専用のクレンジングが必要なので、可愛くてときめくパッケージや憧れのブランドのアイテムを使いたいと思っている方はミネラルコスメで揃えるのは難しいでしょう。

なお、全てのメイクを石鹸で落としたいと考えているなら、石鹸・お湯落ちのアイテムもしくはミネラルコスメで揃える必要があるので、手持ちの化粧品を一新しなければなりません。

Yukiのアイコン画像Yuki

コスメ好きにとって、様々なアイテムを使う楽しみが減る点はデメリットですね…。肌の負担を減らしたいなら、ベースメイクだけミネラルコスメにするのもオススメですよ!

デメリット②カバー力が物足りない場合がある

一般的なファンデーションからミネラルコスメに変えた場合、カバー力が物足りないと感じるかもしれません。

ただし、ミネラルコスメのカバー力が一般的なファンデーションに比べてやや劣る点は、メイクが落としやすく肌に優しいというメリットでもあるので、上手く使うことが大切です。

とはいえ、ベースメイクの仕上がりに不満があると、お出かけのときはもちろんのこと毎日メイクにも使うのを躊躇してしまいますよね。

そんな時は以下のポイントをベースメイクに取り入れてみてください。

  • コンシーラーで気になる部分をポイントカバーする
  • トーンアップ効果のある日焼け止めを使用する
  • くすみにはハイライトを足す
Yukiのアイコン画像Yuki

上記のようにひと工夫加えれば、満足感のある仕上がりを作りやすいでしょう。

デメリット③脂性肌の方はメイクが崩れやすい

脂性肌の方は、ミネラルコスメを使うとベースメイクが崩れやすいデメリットがあります。

なぜなら、ミネラルコスメは界面活性剤やシリコンが入っておらず肌にピタッと密着しにくい性質を持っているからです。

特に、皮脂が分泌されやすいTゾーンなどは、日中のメイク崩れが気になりやすい部分でしょう。

とはいえ、メイク下地を丁寧に塗ることで皮脂崩れを抑えることができるので、心配しすぎる必要はありません。下地と日中のメイク直しを併用すれば、どろっと崩れるのを防止できますよ!

ミネラルコスメは敏感肌にとってメリットが多い

ここまでミネラルコスメのデメリットを紹介しましたが、敏感肌の方にはメリットが多いので「刺激の低い化粧品を使いたい。」と思っている方にはぜひオススメしたい商品です。

そもそもミネラルコスメとは?

ミネラルコスメとは、一般的に「マイカ」「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」「シリカ」などのミネラル(天然鉱物など)を主成分とした化粧品のこと。一般的なファンデーションに入っている界面活性剤やシリコン、油剤などはミネラルコスメに含まれません。

上記のように、ミネラルコスメは天然鉱物などの刺激の少ない主成分から成るため、界面活性剤などの合成成分の刺激に弱い方や、肌トラブルの多い方には特に向いているでしょう。

なお、油剤が入っておらず石鹸だけでメイクを落とせるので、洗浄力の強いクレンジング剤を使う必要もなく、肌への刺激を最小限に抑えられます。

Yukiのアイコン画像Yuki

ミネラルコスメを使ったメイクなら石鹸で優しく洗うだけで落とせるので、仕事で疲れたあとも時短できて楽チンです!

ミネラルコスメのデメリットを補う2つのポイント

ミネラルコスメにはお肌に優しい魅力がたくさんありますが、「ミネラルコスメを使ってみたいけど上手く使いこなせるかな…?」と少し不安ですよね。

これから紹介するポイントを抑えてぜひミネラルコスメを上手に使ってみてください!

  1. TPOに応じてミネラルコスメを使い分ける
  2. 皮脂を抑えてから使用すると化粧モチがUP!

①TPOに応じてミネラルコスメを使い分ける

ミネラルコスメは、基本的に色味やカバー力がナチュラルなものが多いので、TPOに応じて使い分けるのがオススメです。

例えば、会社に出社するときの毎日メイクは肌負担の少ないミネラルコスメを使用し、特別な日や週末のお出かけには普通のアイテムを使用してメイクするなどです。

「ミネラルコスメだけしか使わない!」と縛りを作らずに、たまにのお出かけには好きな化粧品を使うようにするとストレスを溜めることなく楽しめますよ。

Yukiのアイコン画像Yuki

筆者もミネラルコスメを使用したことがありますが、ベースメイクやチークなどお肌に広く接する部分にはミネラルコスメを使用し、リップなどのポイントメイクには普通の化粧品を使うなど気分に応じて使い分けていました♪

②皮脂を抑えてから使用すると化粧モチがUP!

ミネラルコスメは、メイク前に皮脂をしっかり抑えてから使用すると、化粧モチが良くなります。

例えば、朝のメイク前にティッシュを顔の上に乗せて優しく表面の油分を吸い取ってからや、日中のメイク直しの前に皮脂を抑えてから使用すれば、化粧崩れが軽減できますよ。

Yukiのアイコン画像Yuki

脂性肌の方でも、ポイントを抑えておけばミネラルコスメを使うのは十分に可能ですから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

20代美容ライター。元ジュエリー販売員。20代〜40代と幅広い年齢層への素敵な着けこなし提案が得意。コスメ ・美容が大好きでプチプラからデパコスまで愛用中です♡

Contents
閉じる