化粧水と化粧液の違いはテクスチャーです【役割や使い方を詳しく解説】

「化粧水と化粧液って何が違うの…?」と思ったことはありませんか?

結論からいうと、両者に厳密な違いはありません。

ただし、それぞれ役割や使い方が少し異なるので、違いを知ったうえで選ぶといいでしょう。

Yukiのアイコン画像Yuki

そこで、今回は化粧水と化粧液の違いについて詳しく解説したいと思います。

ぜひ最後まで読んで、毎日のスキンケアに役立ててくださいね♡

Contents

化粧水と化粧液の違いは「テクスチャー」

化粧水と化粧液の大きな違いは「テクスチャー」です。

化粧水はさらっとした水のような質感であるのに対し、化粧液はとろりとした液状の質感

化粧水と化粧液の特徴を、以下にまとめてみました。

化粧水の特徴

  • 水のようなさらっとしたテクスチャー
  • 水分量が多く肌のうるおい補給に特化
  • 皮膚を柔らかくし、お肌への浸透を良くする働き

化粧液の特徴

  • テクスチャーにとろみがある
  • 高い保湿力も兼ね備えているものが多い
  • 美容液のような役割も果たす

上記でお伝えした通り、化粧水・化粧液ともにお肌の保湿をすること自体に変わりはありませんが、それ以外の役割に少し違いがあります。

化粧水と化粧液の役割の違い

化粧水と化粧液は、テクスチャー以外にもお肌へもたらす効果の違いがあります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

化粧水の役割

化粧水の役割は、肌に水分を与えたり皮脂の分泌量を整えたりすることです。

さらに化粧水は、皮膚を柔らかくして乳液など次に使うスキンケアの浸透力を高める働きをするので、お肌ケアの導入役を担っています。

なお、お肌が乾燥した状態が続けば、

  • お肌の水分保持力
  • 外部刺激から肌を守るバリア機能

が低下してお肌の健康を損なってしまいます。

Yukiのアイコン画像Yuki

スキンケアの基本として、化粧水での潤い補給は欠かせません。

化粧液の役割

化粧液の役割は、化粧水よりも高い保湿効果美容液のような効果を与えることです。

なお、化粧液はアイテムにより効果の範囲が異なりますが、基本的には「化粧水+乳液効果」「化粧水+美容液効果」「オールインワン仕様」など、化粧水にプラスの効果が含まれているものがほとんどです。

化粧液と一括りで言っても、上記のように役割が異なる場合があるので、

  • 保湿力
  • 美容液成分
  • オールインワンアイテムかどうか

など重点を置きたいポイントに絞って選ぶのが良いでしょう。

化粧液は、商品によって化粧水・乳液など2つの役割を果たすので、面倒なスキンケアの工程を省き、忙しい朝にも時短アイテムとして大活躍してくれますね。

Yukiのアイコン画像Yuki

化粧液は、美容液のようなスキンケア成分が含まれることにより、化粧水より値段の高い場合が多いので、乾燥が気になる季節にのみ使用するのもおすすめですよ。

化粧水と化粧液の使い方・手順

スキンケアアイテムは、使用手順を守ってこそ最大限の効果を発揮します。

化粧水と化粧液の使い方は少し異なるので、正しい手順を知ってから使いましょう。

化粧水の使い方

化粧水の基本的な使用手順はこちら。

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

なお、この手順はそれぞれの役割に応じて決まっているので、流れに沿って正しく使いましょう。

例えば、化粧水は「お肌に水分を与える」、美容液は「お肌に栄養を与える」、乳液・クリームは「油分を与えて蓋をする」というように順序的に役割を果たします。

とはいえ、美容液やクリームは必ずしも必要ではないので、お肌状態に応じて使い分けてみてくださいね。

化粧液の使い方

化粧液の使い方は、基本的に化粧水と同じですが、販売しているメーカーや種類により使い方が異なります。

導入型化粧液

普段のスキンケアの一番最初に使いましょう。 導入型化粧液は、その後に使用するスキンケアアイテムの浸透率を高めるブースターの役割を持つので、洗顔後すぐのお肌に馴染ませるがベストです。

乳液の役割を持つ化粧液も、同じくスキンケアの一番最初に使用しましょう。

美容液タイプの化粧液

洗顔後に化粧水でお肌を整えた後に使用するのがベストです。化粧液を馴染ませた後は乳液・クリームの順番で、通常通りのお手入れをします。

化粧液でお肌を整えた後は、お肌の状態に応じて保湿加減を調整しましょう。

特に冬場の乾燥が激しい時期は、化粧液のみであればお肌の水分が蒸発しやすいので、クリームの併用がおすすめですよ。

まとめ:化粧水と化粧液はテクスチャーの好みや悩みに応じて使い分けよう!

化粧水と化粧液の違いは「テクスチャー」によるもので、厳密な違いはありません。

ただし、より高い保湿や美容液効果を求めている方には、化粧液が適しているでしょう。

Yukiのアイコン画像Yuki

なお、化粧液は商品によって効果が異なります。「乾燥が気になる」「一本で美容液効果も叶えたい」などの悩みや目的に応じて、アイテムを選べば効率良くスキンケアできますよ!

ぜひこの記事を参考にして、今後のスキンケアに活かしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

20代美容ライター。元ジュエリー販売員。20代〜40代と幅広い年齢層への素敵な着けこなし提案が得意。コスメ ・美容が大好きでプチプラからデパコスまで愛用中です♡

Contents
閉じる